ミネミツ ユウ 日本の心を知る旅

日本の良さを知る為の旅をしてます。その時に感じた美しさや感動。旅を通じて生まれた考えを写真や言葉を通じて多くの人に伝えたい。

富士山登山と目標達成までの道のり:富士山写真まとめ

河口湖からの富士山

河口湖からの富士山

 

こんにちは!

今回は、富士山登山と目標達成までの道のりについての話です。

 

日本の象徴「富士山」(標高3,776m)

 

日本の象徴として国内外から、

富士山を見に、登りに、多くの人が訪れますよね。

なんでしょうあの魅力は。僕も大好きです。

 

そんな大好きな富士山に僕は4回ぐらい登っています。(御殿場ルート)

毎回結構辛い思いするんですけどね 笑

 

家からそこまで遠くないのもあり

普段からドライブで富士山周辺を走る事もよくありますし、

景色が良いので登山道の途中まで散歩したりします。

 

少し前に田貫湖から見た富士山も綺麗でした!

 

田貫湖からの富士山

田貫湖からの富士山

 

同じビューから撮っているおじいさんが居て「富士山綺麗ですねー」の一言から

軽い会話が始まったり、富士山を見てると気持ちが軽やかになりますね。

 

清々しい田貫湖

清々しい田貫湖

 

この時初めて田貫湖に行きましたが山々の景色が良くて気持ちの良い湖でした!

行って良かったです^^

 

山に囲まれた景色が良い田貫湖

山に囲まれた景色が良い

夜に富士山の近くを通った時も綺麗でした!

夜の撮影も楽しいですね!

 

夜の富士山

夜の富士山

 

夜の河口湖

夜の河口湖

夜に精進湖?から撮影

夜に精進湖?から撮影

 

登山の話に戻ります!

 

何回も辛い思いをしているのに、

なぜ見るだけじゃなくて登ってしまうのか。

 

それは登る事で得るものが多いからです。(あくまで僕の感覚)

登った後に振り返ってみると、

「登山楽しかったなぁ」「景色が綺麗だったなぁ」の他にも

多くの事を学んでいます。

 

今回はその一例を紹介します。

 

登山を始める時、始めてから。

  

歩き出してみて最初は、これからの楽しい道のりのイメージや

ワクワクドキドキする気持ちのおかげで疲れを感じません。

一番楽しい時間です。

会話も弾みますね。

 

でもずっと登り続けていると段々と疲れがたまってきます。

楽しさと辛さが混ざってきました。

 

そして、あと少しで山頂というところで天候が急変。

大雨が降り、強風に襲われました。

GWの時期にはまだ残雪があり、山頂付近が氷点下になる事もよくあります。

 

雨は想定外で雨用装備もほぼ無い状況でしたので本当に凍えました。

服の中まで水が入り、体中が濡れて極度に冷えたことと、

これまで登ってきた疲れが合わさって体力が限界に近くなった時、

強烈に   を感じました。

「あぁ、もう一回止まったらもう動けない。凍死する」と。

 

でも、止まろうとする足を動かしながら

「死んでたまるか!!」となんとか心を燃やして、

目の前の坂をひたすら登っていると、いつしか山頂に着いていました。

 

登り始めた時、麓から山頂を見ていると

富士山は本当に果てしなく高く、道のりは長く思えました。

でも頑張って一歩一歩目の前の坂を登っていくと

その内山頂に辿り着けます。

 

登山中の風景

登山中の風景

 

登り終えて感じた2つのこと

 

無事に帰って来て感じたことが2つあります。

 

1つ目は、富士山を登る過程と「何かを達成する道のりは似てる」ということ

 

転職でも起業でも他の事でも、重要な目標を達成させたい時や

何か新しい道を歩もうとする時は本当に勇気がいりますよね。

 

そしてやっと踏み出してから達成するまでも

長く辛い時期が続きます。目標が高ければ高い程。

何回も心折られました。本当にどん底まで落ちる時もあります。

 

それでも諦めずに続ける

目の前の坂を必死に登り続ける

高い目標を達成するにはそれしか無いと思います。

 

困難が立ち塞がった時、富士山での経験を思い出す時があります。

 

どんなに辛くても情熱を持って歩き続ける。休憩しながら。楽しみながら。

 

2つ目は、「用意周到」であること

 

大きな目標を達成したい時は、様々な状況を想定して準備しないと

後々後悔することになりますね・・・

割と普通の事ですし、分かってはいても

あらためて強烈に実感させられました。

 

 
そんなこんなで楽しい思い出も苦い思い出もありますが、
今では笑い話ですし大きな経験ができて良かったと思っています。
 
富士山登山は夏の天気が良い日に行くと最高ですよー! 
素晴らしい景色が待ってます!
 
  
▼おまけ
 
寒さと疲れで死を覚悟すると、
普段の平和な表情から…
 

鶏肉を食べようとする僕

鶏肉を食べようとする僕

 

すごく険しい顔になる。

この写真を見ると「本当に辛かったんだなぁ」と思い出します^^:

顔が青くなってますし…笑

かなり追い詰められている時の顔です^^;

かなり追い詰められている時の顔です^^;



 
以上です。
 
 
最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。
 
ミネミツ ユウ