ミネミツ ユウ 日本の心を知る旅

日本の良さを知る為の旅をしてます。その時に感じた美しさや感動。旅を通じて生まれた考えを写真や言葉を通じて多くの人に伝えたい。

旅の途中、椿大神社に寄る 前編:三重県鈴鹿市

椿大神社

椿大神社(つばきおおかみやしろ)

 

三重県の伊勢志摩を目指して移動している途中で

椿大神社に寄った時の話です。

 

伊勢志摩を目指すとは言っても、出発前に明確に

「ここに行くぞ!」と決めることはあまりありません。

最初はぼんやりと「ここらへんに行こう!」という感覚で決めています。

 

途中で、何かがありそうな予感のする方に行ってみたり

気になる看板の方に行ってみたり

休憩した時に良さそうな場所を調べたりして

その時その時に心が惹かれた場所に寄りながら

目的の地域に到着します。

(途中で目的地が変わることもあります)

感覚に任せて行っても意外と良い出逢いがあるものですよ^^

 

この時は椿大神社の看板を見つけたので

何か気になって行ってみると、

想像以上に素晴らしい神社で驚きました!

 

椿台神社とは・・・・※椿大神社HPから引用】

山生活を営まれた国つ神「猿田彦大神」を主神とし、

相殿に皇孫「瓊々杵尊」、「栲幡千々姫命」を、

配祀に「天之鈿女命」、「木花咲耶姫命」を祀っています。

 

猿田彦大神は、天孫 瓊々杵尊降臨の際、

天の八衢に「道別の大神」として出迎え、

高千穂の峯に御先導申し上げます。そのことより、

肇国の礎を成した大神として、

人皇第十一代垂仁天皇の二十七年秋(西暦紀元前三年)、

倭姫命の御神託により、この地に「道別大神の社」

として社殿が奉斎された日本最古の神社です。

 

んー難しい 笑

古事記日本書紀を知っていないと分かりにくいですね。

でも調べてみると意外と面白いですよ!

 

ちなみに、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)は

地上に生きとし生けるものの平安と幸福を招く

「みちびきの祖神さま」とされています。

 

ご利益もこんなに!

地球国土、土地家屋敷安泰守護、地鎮祭をはじめ、

建築、方災解除、厄除開運、家内安全、無病息災、

交通安全、旅行安全、商売繁昌、家運隆昌、良縁子孫繁栄、進学修業、事業成就など

 

椿大神社三重県では伊勢神宮二見興玉神社夫婦岩のある神社)に次いで

3番目に参拝者数が多い非常に人気な神社です。

 

椿大神社

入口から良い雰囲気

 

境内はとても広く、自然が豊かで爽やかな良い空気。

境内に入る頃には少し暗くなっており

灯籠にも明かりが灯っていました。

 

本殿に向かう道

本殿に向かう道

 

本殿に向かう途中、恵比寿様(左)と大黒様(右)が置いてありました。

幸せを貰えそうな笑顔ですね!

 

恵比寿神と大黒天

恵比寿神と大黒天

恵比寿様

恵比寿様

大黒様

大黒様

 

 そして、もう少し進むと鳥居の先に本殿があります。

 

鳥居の先に本殿

鳥居の先に本殿

 

そして本殿に到着です。

時間が遅いせいか正面の扉は閉まっていましたけど、とても立派でした。

 

椿大神社の本殿

椿大神社の本殿

扁額(へんがく)を発見。 

金の装飾が綺麗です。

 

扁額(へんがく)

扁額(へんがく)

付近を歩いていると提灯も灯りはじめ、

良い雰囲気になってきました。

 

提灯も灯る時間

提灯も灯る時間

 

少し暗くなった神社も幻想的で良いですね。

人が少なく、自然の音と空気をゆっくりと感じられます。

 

戻って散策を開始

戻って散策を開始

 

椿大神社はとても広いのでまだまだ見れる場所があります。

本殿に向かう途中でも別宮である、「椿岸神社」が見えました。

 

 

他にも写真はたくさん撮りましたが、

続きは後編にて書かせて頂きます^^

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

ミネミツ ユウ